腰痛・腰が痛い

肩こりに続き多くの女性が悩む「腰痛」

更新日:

女性,腰痛

こんにちはコアラボ八丁堀店の鈴木です。

肩こりに続き多くの女性のお悩み「腰痛」。腰痛になる原因としては骨格の歪み、筋肉の硬直、血流不良などがあげられるかと思います。

筋肉の硬直・血流不良の原因は

・運動不足

・長時間の同じ姿勢

・姿勢の悪さ

・ストレス

・加齢

などがあげられます。

この中でもコアラボでは骨格を調整することで姿勢の悪さを改善、ストレスなどで高ぶりやすくなっている神経の巡りを緩やかに、自然と筋肉が取れやすくなるカラダづくりをするお手伝いをしています。

姿勢の調整でコアラボでメインにさせていただくのが、「骨盤調整」と「頚椎の調整」

姿勢が悪くなっている方の多くはこのメインの二つが歪んでしまている方がとても多く感じます。

腰痛のお客様には特に「骨盤調整」がとても大切。腰はもちろんですが特に骨盤を支えている骨盤周りの筋肉がガチガチに固まってしまっている方多いのではないでしょうか?

長時間のデスクワーク、滅多に動かずご自身の上半身の体重でお尻を潰している状態が長時間続いています。そうするとお尻周りの血流は不良に、筋肉の硬直、筋肉が弱くなる原因になってきます。

コアラボで施術を定期的にして頂く事で腰痛が楽になられたお客様も多くいらっしゃいますが、ご自宅での定期的なケアもとても大切となってきます。

ご自身でできる「腰痛」対策

・運動不足の解消・・・運動できていますか?若い頃とは違い年々筋力は残念ながら減ってきます。カラダを支えてくれるインナーマッスルまで弱ってくるとどうしてもカラダを支える力が保てず姿勢改善しようとしても崩れる姿勢を作りガチ。まずは腹筋、背筋をメインに筋肉をつけましょう。脚の筋力も減ってくるとどんどん歩く力も衰えていきます。どうやって筋トレすれば良いのかわからない場合はまずはパーソナルなどで専門家の方に自分の筋肉の状態をチェックして頂くことも良いかと思います。もちろんコアラボでもどこの筋肉が落ちやすいかをチェックさせて頂くことは可能です。週に2〜3回の筋トレは睡眠の質をあげると言われています。動けるうちに筋トレはしておきましょう。

・長時間の同じ姿勢を減らす・・・先ほども伝えましたが、長時間同じ姿勢でのデスクワークなどはご自身の上半身の体重でお尻を潰している状態。下半身はどんどんむくみやすくもなります。1時間に1回は椅子から立ってストレッチ、もしくは会社内を少し歩いてみましょう。会社の同僚や上司に変な目で見られない程度に。こまめにお手洗いに行くだけでも良いかと思います。

・お尻周りの筋肉をほぐす・・・お尻の凝り固まった筋肉をほぐしてあげましょう。今人気のテニスボールなどをお尻においてほぐしてあげるのも良いですが、お尻のストレッチもオススメです。

椅子の上からストレッチ↓

①右の膝を曲げて左の腿の上におきます

②坐骨でしっかりと椅子の上に座り、背筋を伸ばして

③息をフーッと吐きながら前に倒れます。この際に決して背中、お腹お丸めないように。息を吐きながら30秒キープ。

左右両方繰り返します。これならお仕事の合間にもできますよね。ご自宅でも職場の休憩中にでも是非やってみてください。女性,腰痛

 

 

 

 

 

・ストレスを発散させる・・・神経を高めて筋肉の強張りを作りやすくなる「ストレス」。睡眠前は40度くらいのお湯に好きな香りの入浴剤を入れてお風呂に浸かる。出来るだけ、テレビ、パソコン、スマホ弄りは控えて脳にストレスをかける事を控える。誰かに話を聞いてもらうなどして、寝るまでイライラを残さない様に。質の良い睡眠ができる準備をしましょう。

・質の良い睡眠をとる・・・ご自身の自己治癒力を高めるためにも睡眠はとても大切。特に整体や、マッサージなどに行った日はアルコールを飲んだり、カラダに負担をかけるような食事は避ける、暑いお風呂は避けるなどゆっくりと休んであげると睡眠しやすくなるかと思います。

 

整体,予約
今すぐ予約をする

-腰痛・腰が痛い

今すぐ電話予約する

Copyright© Core Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.