手の痺れ

手の痺れの大きな原因!胸郭出口症候群とは?

更新日:

こんにちはコアラボの鈴木です。

皆さん「胸郭出口症候群」っという言葉を聞いた事はありますか?もしくはお医者さんに「あなたは胸郭出口症候群です」と言われて悩んでいたりしませんか?

今日は知っているようで知らない「胸郭出口症候群」について簡単にお話をさせて頂きます。

このような症状にお悩みではないですか?

肩こり,習慣

・辛い肩こり、首の痛みで悩んでる

・寝違いをよく起こす

・頭痛やめまいなどの症状が併発する

・手の痺れや脱力感を感じる

・腕のだるさが抜けない

・握力の低下がある

など・・・・。

これらの現象はもしかして「胸郭出口症候群」かもしれません。

自己判断はせず今日のブログを診て気になると思った方は一度お医者さんに診てもらってください。

胸郭出口症候群とは

腕を司る神経や血管は、胸郭出口と呼ばれる部分を通って、首から腕に向かって走行しています。

胸郭出口症候群は、首から腕にいく神経、動脈、静脈が胸郭の出口部分で挟まれて圧迫を受けて肩から腕へ痺れやだるさ、痛みを引き起こす状態をいいます。

胸郭の出口は鎖骨の上にあたりにある「斜角筋」と肩の内側にあたりにある「小胸筋」の部分で圧迫を受けやすく

「斜角金症候群」「過外転症候群」という病名が付いています。

(胸郭出口とは鎖骨と第一肋骨の間にある狭い隙間の事です。ここには神経の束や血管が通っています。)

なで肩の女性、筋肉を鍛えた男性に発症しやすいのが特徴ですが、姿勢が悪い人、内臓疲労が激しい人、頭の疲労が激しい人にもなりやすいと言われています。

なで肩の人とはショルダーバッグがずり落ちやすく、首が長く見えるのが特徴的と言われています。

内臓疲労が激しい人は、肩が内側に入りやすい為猫背になりやすい、姿勢が悪くなりやすいです。頭の疲労が激しい人はストレスがたまりやすく、神経が疲れている方が多いです。そうすると筋肉が固まりやすく血流不足にもなりやすいです。そういった原因から胸郭出口症候群になりやすい特徴として言われています。

「姿勢が悪い、筋肉が固まりやすい方」が胸郭出口症候群になりやすい!!と言えます。

胸郭出口症候群を放っておくと更に体に様々な悪影響を及ぼします。

胸郭出口症候群が悪化すると

・握力の低下

・手が麻痺して細かい作業がしにくいなどの症状が出てきます。

一般的な治療法として

・良い姿勢のになる為の「体操」

・患部に「湿布」

・血流改善薬の「薬」

・痺れなどの神経障害を緩和する「ビタミン剤」

・神経が圧迫されている部位への「神経ブロック注射」

・幹部に超音波を当てたり過度に緊張した筋肉を緩める運動をしたりする「リハビリ」や肩を引き上げる「装置の着用」

などがあります。

自分での改善策として

・姿勢をよくする為体操をする。

・肩甲骨周りの動きを改善する体操をする。

・内臓疲労を貯めないこと。

・十分な睡眠をとる

・疲労を感じたら休憩をとる

・入浴で体を温め血流を促進させる

・悪化している方で荷物を持たない、より圧迫させない

急性期の場合は自己判断で頑張って体操をしたりしないように気をつけてください。

急性期の特徴として

・肩の強い痛み、腕や手に強いしびれ

・肩を動かしていないのに痛み

・握力が低下したり趣旨の動きが悪い

これらの症状があるときは安静にする必要があります。無理に自己治療をしようとせずに気になる場合はお医者さんに行くようにしてください。

また胸郭出口症候群は簡単なマッサージだけではなかなか改善しにくいのも特徴です。マッサージに行くと一時的に筋肉の強張りが取れる為楽になりますが姿勢により圧迫された血管、神経、静脈はなかなか改善されにくいものとなります。

まず胸郭出口症候群になってお悩みの方はまずなぜ自分が胸郭出口症候群になったのかを考えてみてください。

なんで姿勢が悪くなっていますか?

なんで猫背になっていますか?

なんで内臓が疲れていますか?

なんで頭が疲れていますか?

など病院や整体での治療を受けたところで少しの改善はみられても根本的な生活習慣、原因を改善しないとまた手に痺れが、治ったはずなのに・・・・といった事が起きる可能性が大いにあります。根本的な原因を改善することを意識してあげてください。

 

整体,予約
今すぐ予約をする

-手の痺れ
-

今すぐ電話予約する

Copyright© Core Lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.