睡眠

睡眠が短い!6時間以下の睡眠は徹夜するのと同じだった!!

更新日:

睡眠,短い

先日アメリカで行われた実験で「6時間以下の睡眠を続けているのと精神的にも身体能力的にも徹夜を続けている状態と同じ程度に低下している」というデーターが出ました。

実験方法

1日平均7時間〜8時間程度睡眠をとる男女を集め4つのグループに分けて2週間に渡り心身の状態を記録!!

1つ目のグループ:2日間眠らずに過ごす

2つ目のグループ:4時間睡眠を続ける

3つ目のグループ:6時間睡眠を続ける

4つ目のグループ:いつもと変わらず8時間睡眠を続ける

結果・・・

4つ目のグループ(8時間睡眠を2週間続けたグループ)は認知機能・注意力・運動神経に関して低下が見られなかった。

2つ目、3つ目のグループ(4時間睡眠、6時間睡眠を続けるグループ)は日を追うごとに着実に身体機能の低下が見られた。徹夜で過ごしたグループと同じ位までパフォーマンスレベルが低下されたと言われています。

95%の科学者により、適切な睡眠時間は7時間〜9時間と言われています。

6時間以下の睡眠は、睡眠不足になりやすく精神的にも、認知機能、注意力、運動神経などに関しても低下しやすくなるとの事。

今ショートスリーパーになりたく、1日3時間しか眠らない、短時間だけ寝て自分のやりたい事を思う存分にやりたいという方が増えています。

それはそれで体に合っていれば思う存分にせっかくの人生楽しんでも良いと思いますが、ショートスリーパーになるには遺伝的に対応できる人とできない人がいると言われています。(こちらも諸説ありますが・・・)

最近記憶力が悪いんだよね・・・。

大人になると覚えるの遅くなるよね・・・。

注意力がなくなった気がする・・。

そんな事を歳のせいにしていませんか?勿論年齢も少しはあるかもしれませんが、睡眠時間が減っている事が原因かもしれません。

パフォーマンス、能力の低下には最初の数日でどんと下がるわけではなく、日に日にと落ちて行く為自分では気づかないケースが多い。

気がついたら、自分どうしちゃったんだろう?とならないように、日頃から睡眠を削って無理に頑張る事はやめましょう。

だったらいっぱい寝ようと思って10時間も12時間も寝続けるのもダメ!!1日7時間〜長くても9時間を目安に。

寝過ぎは偏頭痛がより悪化しやすくもなります。

睡眠をしっかりととれるように

睡眠,短い

・カフェインは控える

・睡眠前の灯の調整を気をつける。スマホ、パソコンなどは寝る直前まで使わない。

・1日タンパク質、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、亜鉛などの栄養をしっかりと摂る。

足りない場合はサプリメントで補っても良い。

・朝はしっかりと日光を浴びる。

・適度に疲れない程度に運動をする習慣を作る。

などを心がけましょう。

また日頃疲れ過ぎて眠れない、寝つきが悪い。神経が高ぶりやすい。そんな方はコアラボの施術がオススメです。

骨盤矯正、肩甲骨の動きに柔軟性をつける、頚椎の歪みを整える、内臓の働きを調整する事でカラダの神経をゆるやかに、睡眠がとれやすい体にするお手伝いをしております。

毎日長時間のデスクワーク、過度なストレスからカラダが緊張して寝付けない、寝ても目がすぐに覚めてしまう。

そんなお悩みございませんか?

睡眠でお悩みの方は全身のカラダの調整にプラス頭蓋骨調整が付いたプレミアムコースがオススメです。

コアラボプレミアムコース40分 6800円

twitterなどでも当日の空き情報ご案内しております。

整体,予約
今すぐ予約をする

-睡眠
-

今すぐ電話予約する

Copyright© Core Lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.