生活習慣

生理痛が酷い。私が実践した生活習慣。

投稿日:

こんにちはコアラボ八丁堀店の鈴木です。

女性にとって毎月くる月経周期。

カラダの疲労でご来店される方で大体の方、毎月にくる生理痛にも悩まれている方がとても多いです。

生理だけでも辛いのに生理前にくる月経前症候群に悩まれる方も多く、酷い場合はお仕事を休むことも。

会社ではなかなか理解されず生理痛で仕事を休むとか自分に甘すぎると言われてしまうことさえあります。

ただ、生理痛って本当に人により全然症状が違う為、立つのさえ辛い、横になっていてもじっとしている事ができないほど激痛を訴える方もいるほど・・・。私も20代までは酷い生理痛に悩まされ、朝まで眠れない、処方箋を無視して鎮痛剤を飲みすぎて気を失ったかの様に夕方の5時まで寝てしまうなどの事もありました。

今では大分改善はされたものの1年に数回生理痛になる事があります。ただ20代の頃の様にじっとできない程の激痛ではない。朝まで寝れないこともない。ぐっすり眠っています笑

大分改善される様になったのは自分では私生活色々と気をつける様になってきたからだと思います。改善されるにも大分年月はかかりました。

生理痛を軽減させる為の生活習慣

長年生理痛に悩まされて勉強しながら気をつけた事

①就寝時間を早める。

以前働いていたお店では12時まで営業する事もある為自宅に着くのは1時すぎ、そこからの夕飯お風呂、就寝でした。

12時まで働いていなくても当たり前の様に寝るのは3時、寝る直前まで映画をみたり、携帯をいじったり。睡眠時間を削ってまで自分の時間を作る事を優先としていました。ただこのサロンで働いてい時はほとんどのスタッフが生理痛に悩まされている。私と同じ様な生活習慣。

また他の友人は別のサロンで朝の5時まで働く日々で生理が止まってしまうとう状態にまでなってしまいました。その話を聞いてから睡眠時間を改める事を決意。すぐすぐ変える生活はきついものの30分ずつ早める事を意識。今は12時にはベッドに入り7、8時間の睡眠をしっかりと取る事意識しています。寝る直前までのスマホ、PCは睡眠の質を下げるという事を知ればスマホも極力家についたら充電して使わない。寝る直前に誰からかLINEがきていないかと確認する程度、長くなりそうな返信は翌日にまわすという考え。

いやーLINEをしたいよ、誰かと連絡をとりたいよと思っている方もいるかもしれませんが、夜の時間って意外と相手の時間も奪ってしまいがちなので気をつけましょう。

②小麦粉、乳製品を控える。

この2つ私大好きなんです。パン屋さんで働きたいと思うほどパン好き。乳製品も特に牛乳好きなんです。パンと牛乳もしくはパンとカフェオレこの組み合わせ好きで学生の頃から週何日間この食生活をしているかと思う程食べていました。

ただこの2つも生理痛、月経前症候群には注意が必要と言われる食材。全く食べないという訳ではありませんが月に数回に変更。

小麦粉もパンだけではなくパスタ、ケーキ、クッキー様々な私の好きなものに含まれる。なので全く食べないっというのは悲しすぎるし逆にストレス。なので極力無性に食べたい訳でないなら選択しない様にしました。パンでもおにぎりでも良いならおにぎり、外食もパスタは極力選ばない。無性に食べたいなら食べる。こんな感じです。週5、6回は小麦粉摂取を→週に1回付き合いでたまに2回になる程度。

③アルコールを控える。

私の場合アルコールを飲むと食事が進んでしまうんです・・・。味の濃いものを摂取しがち。そうすると生理痛だけではなく肌荒れが起きたり、花粉症などのアレルギーが悪化しやすくなったりとあまり良い事が無かった。その為アルコールは週に1回程度に。飲んでも2杯程度に抑える。これ始めはキツかったですが今では飲みたいと思うことも減ってしまった。お酒にかけるお金も節約できある意味私にはラッキーでした。

④糖分、インスタント食品、ジャンクフードを控える。

小麦粉を控えていたら自然と糖分を取る、インスタント食品、ジャンクフードの習慣は私の場合減りました。

甘いものが食べたかったらバナナを食べるバナナも果糖がありますが他にもビタミンBやカリウムなどの栄養素も取れる果物です。

インスタント食品、ジャンクフードも添加物だらけ。極力付き合いなどでない限り食べません。

ここに載せた食品って生理痛だけではなく、血流を悪化させる、お肌の老化の原因にもなる食材。30を過ぎてから肌の老化がとてつもなく1年1年気になるので老けたくない気持ちが高まり食べない様にしています。

⑤日光にしっかりと当たってカラダを動かすこと。

日光をしっかりと浴びる事は睡眠の質をあげてくれます。

また軽くでもストレッチをしたり運動をする習慣を作ってあげる事でカラダが動きやすい、疲れがたまりにくい事だと最近改めて気づいています。

必ずスマホの歩行数は調べ歩いている数が1万歩以下の場合は簡単にでも筋トレをする。ストレッチを多めにするなどカラダを動かす事を意識。

最近では8000歩が健康には良いと推奨されていますが・・・。30代の私にとっては8000歩は少ない方だと思います。自分のカラダが調子が良いと思える位までカラダを動かす、運動をする習慣をつけてあげる事オススメです。

 

別にあなたの生活習慣に興味はない!っという方すみません。

ただ、少しずつでも生活習慣を変える事はすぐすぐには分からないものの少しずつカラダには変化が起きてくれます。1週間我慢してすぐに結果がでるものではありません。1ヶ月我慢しても変わらない人も多いと思います。

私もなんども変わらないならパンも食べたいし甘いものも食べたいし結果変わらないじゃん!!とも思っていましたが、徐々に習慣ずけて数ヶ月数年が経っていくうちにカラダには少しずつの変化がありました。

あれ?今回痛くないぞ?あれ?そういえば前ほど動けないっという事がなくなっているぞ!など・・・。

いつの間にか気づかされる。

これは生理痛だけに関しての事ではありません。カラダが疲れやすい、頭痛が酷い。なども生活習慣を改める事で徐々に変わってきます。

カラダの不調で悩まされている方、少しずつ時間がかかる可能性が高いですが痛み止めに頼らずカラダの不調から逃れるためには生活習慣を改める事はとても大切です。

整体,予約
今すぐ予約をする

-生活習慣
-

今すぐ電話予約する

Copyright© Core Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.