肩甲骨

肩甲骨をはがして肩甲骨の自由を取り戻そう!

更新日:

肩甲骨はがし,東京

肩甲骨、ゴリゴリに固まっていませんか。

肩甲骨の動きは肩こり、首の痛みは勿論、手の痺れや頭痛などにも関わっています。
肩甲骨の動きを良くすることは、今までの不調の回復につながります。
普段、なかなか意識していない肩甲骨、お身体に不調のある方は、是非一度意識してみて下さい。

今回の記事は

・肩甲骨の動きの大切さ
・肩甲骨の動かし方

を書いていきたいと思います。

ゴリゴリに固まった肩甲骨、肩甲骨はがしをして柔軟性をつけましょう

肩こりや首の痛み、手の痺れなどの不調はありませんか。

その症状、肩甲骨の動きがゴリゴリになったせいで起こっているかもしれません。

普段はあまり意識しないかもしれませんが、
肩甲骨の柔軟性をつけていくことで、不調の回復が期待できます。
肩甲骨はがしをして柔軟性をどんどん付けていきましょう。

背筋が弱くなり、猫背になる首や肩の軸が悪くなる

肩甲骨は鎖骨と連結していて、大きく可動性があり、肩と腕をつなぐ働きがあります。
肩甲骨には19個も筋肉が付着しているおり、様々な動きをする事が出来ます。

姿勢のバランスが崩れて肩甲骨が硬くなると、筋肉や関節の動きが悪くなり様々な症状を呈します。
肩甲骨はがしをする事でこの付着している筋肉や肩や腕などの関節の動きが正常化して、肩こりや痛みなどの不調を回復していきます。

多くのデスクワークの方やスマートフォンを使う時に肩甲骨が・・・

現代社会ではデスクワークや家事やスマートフォン等、身体の前で行う事がとても多いです。

このような姿勢は前側の大胸筋など大きい筋肉に引っ張られ、どんどん肩甲骨は外側に開いていってしまいます。
そのような姿勢で、肩甲骨を内に引っ張る為の筋肉である中部僧帽筋や下部僧帽筋が伸ばされてしまい、ダメになった輪ゴムのような状態になり、使い物にならなくなってしまいます。
そうすると、肩こりの原因である上部僧帽筋や肩甲挙筋などが引き延ばされて、肩こりや肩の痛みに繋がります。

つまり今の社会は肩甲骨が外側に開いて可動性が悪くなり結果的に猫背になります。

デスクワークを一日に長く行う方はとても多いと思います。
いい姿勢を維持しよう!と思っていても、集中しているといつのまにか猫背になっているものです。
そしていい姿勢を維持しようと意識しすぎると逆に疲れてしまう場合もあります。

肩甲骨が硬くなった状態でいい姿勢を維持することはとてもエネルギーのいること。。

肩甲骨の柔軟性があるといい姿勢を維持しやすくなります。

ストレッチ等をして肩こりの場所をゆるめるのも良いけど、肩甲骨を動かしてあげるともっと良い

肩こりや首の痛みの場所を揉んで柔らかくしたり、お風呂に入って温まったり、市販のテープを張ったりすることもとても良い事だと思います。

しかしゴリゴリに固まった肩甲骨がある限り、揉んでもストレッチしても身体の癖のせいで戻りやすい事も事実。。
それは、コリや痛みが出やすいような肩甲骨の位置になっているからです。

緩めることはとても大切ですが、更に肩甲骨をはがしていくというが重要です。

肩こりは辛い。。だからこそ肩甲骨の柔軟性が大切です。

肩こりはなったことある方ならわかると思いますが、ずっとへばりついたような感覚で気持ち悪く辛い症状です。この肩こりさえなければ(TT) と思うこともあります。
肩こりが酷くなると頭痛に繋がる場合もあります。
とにかく肩こりや首のコリ・痛みなどは脳に近い部位の症状なのでとても辛いものです。

このまま一生このコリが続くのかとさえ思ってしまう肩こりの症状。

ストレッチをしてもお風呂でゆっくりと温まってもすぐに戻ってきてしまう辛いコリ。

一度、肩甲骨に目を向けてみて下さい。

肩甲骨を自由に動き回らせてあげる状態にしてあげれば、今までの気持ち悪かった肩こりの症状も回復するかもしれません。
肩甲骨をはがしをする事はとても重要です。

ゴリゴリに固まった肩甲骨、柔軟性をつけていきましょう!

簡単にやって効果がある運動だから続きます。
肩甲骨の動かし方はとにかく色々あります。テレビや雑誌にも様々な情報が氾濫しており、どれが自分にあった運動なのかを見極めるのはとても大変・・。

あまりにも難しいエクササイズは中々続きません。2.3日やってみて効果がなかったらほとんどの方が諦めてしまいます。

簡単に出来るエクササイズを毎日、続けることで、やらない時よりは確実に良くなります。

長年の症状です。中々一朝一夕にはいかないかもしれませんが、続けていれば必ず効果を実感すると思います。

外側に開いた肩甲骨、意識をして動かしてあげることが大切。

肩甲骨はほとんどの方が外側に開いています。なので普通に考えれば
肩甲骨を内側に動かしてあげる。そして前側で引っ張ってしまっている筋肉をストレッチしてあげる事だけではじめは良いんです。

その単純な動作を毎日、習慣化して行う事で肩甲骨は自由を取り戻します。

自由を取り戻した肩甲骨は付着している19個もの筋肉を目覚めさせて、肩や腕の動きも良くしていきます。ゴリゴリに固まった肩甲骨を毎日簡単なエクササイズで動かしていきましょう。

デスクワークの方やスマートフォンを使っている方、今この記事を読んでいるご自身の姿勢を客観的に観察してみて下さい。首が目に出ていたり下を向いていたり、背中が丸くなっていたりしていませんか。まっすぐな姿勢で見ている方、いらっしゃいますか。
電車でオフィスで周りを見回してみるとほとんどの方が悪い姿勢になっていませんか。

特別なトレーニングでもしていない限り、集中している際に良い姿勢を維持する事なんて出来ません。
つまり、ほとんどの方が肩甲骨がゴリゴリに固まっています。

それを毎日、肩甲骨のケアをしている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。
夜になったら何もしないで寝てしまう方もとても多いかと思います。

何もしないのではなく、少しの時間で良いので意識的に動かしてあげることがとても重要です。

エクササイズを習慣化して肩こりを回復!

習慣化する事はとても大変です。
しかし肩甲骨を少し回すだけでハイパフォーマンスで楽しい生活が出来るなら、その方が良いのではないでしょうか。

歯を磨くように、顔を洗うように、スマートフォンをみるように、、
肩甲骨を動かすという良い習慣を取り入れていきましょう!

簡単な肩甲骨のエクササイズをしてみましょう。

肩甲骨はがし,東京

 

毎日やらなくちゃいけないというストレスがない、短い時間で簡単に出来るエクササイズを行っていきましょう。
何度もいいますがキーワードは肩甲骨は外側に開いて固まっているという事です。
それを内に戻してあげる動きをする、
そして前側で引っ張ってしまっている筋肉をストレッチするだけで良いんです。

とっても簡単です♪

肩甲骨を実際に動かしてみよう。

① 肩に両手をあてます

② ①の姿勢のまま肩甲骨が内側に動くように肩を前から後ろに「ゆっくりと」10回ほど動かしましょう。

③ これを朝昼晩とデスクワークの1~2時間おきに10回ほど行いましょう。

ちょこちょこ動かす事。そしてゆっくりと肩甲骨の動きを意識して動かすことが重要です。
内側に内側に肩甲骨をゆっくりと動かしてあげてください。

大胸筋をストレッチしよう。

① 右手と左手を身体の後ろで組みます。

②そのまま両腕の肘を伸ばすように身体の後ろ方向、床45度くらいの角度に向かって伸ばしていきましょう。

上記を1回30秒で1日に2~3回行ってみましょう。

大胸筋はとても大きい筋肉です。この筋肉が肩を前側に引っ張ってしまいます。 (ほかにも厳密にいえばたくさんの筋肉は関与していますが、とくに大きいこの大胸筋は大切)
ゆっくりと呼吸をしながらストレッチしてあげると、大胸筋は緩んできます。

よく筋トレをして腕立て伏せだけをやる方もいますが、腕立て伏せだけをやって他の背中の筋肉などをトレーニングしないと、結果的に肩こり、もしくは腕にしびれが出るような胸郭出口症候群というものになったりもします。
大胸筋の問題というのは身体を見ていく上でとても大切な筋肉です。またこの大胸筋に関しては記事を書いていきます。

肩甲骨の運動、大胸筋のストレッチを毎日やってみましょう。

このエクササイズを毎日行いましょう。

朝に忘れたら昼にやれば構いません。日中忘れたら夜だけやっても構いません。

とにかく1日に最低1回は伸ばしてあげてください。
1日に1回身体をリセットしてあげてください。

肩の関節の動きや筋肉などの機能的な問題がある場合は?

上記のストレッチをしても

・なんかスムーズに回らない。
・どうしても可動域が広がってこない。
・痛みが強い。
・とにかく固まっていて動いている気がしない。
等など。

今までの身体の癖は一朝一夕には払しょくするのは難しい事もあります。
基本的な身体のバランスや軸が崩れている場合、ピンポイントで肩甲骨だけを動かしても中々良くならない場合もあります。

まず身体のバランスと軸を整えるという事も大事です。そして強く固まった肩甲骨をはがしていくとセルフケアが効果的になります。
バランスや軸を取り戻し、そして肩甲骨を固めないように良い運動を習慣化して行くと肩こりや首コリが回復してきます。

辛い肩こりは肩甲骨を動かしていきましょう。

とにかく肩こりや首のコリは辛い症状です。

1回なると中々良くならず、そのまま諦めてしまうパターンもしばしば・・。

身体をもう一度、見てみてあげてください。

あなたの肩甲骨、外側に開いてゴリゴリに固まっていませんか。

肩甲骨を自由に動かせる身体を手に入れて、今までの辛い肩こりなどの症状を回復していきましょう。

整体,予約
今すぐ予約をする

-肩甲骨
-,

今すぐ電話予約する

Copyright© Core Lab , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.