足のむくみ

梅雨のむくみ対策 整体・八丁堀

投稿日:

足がむくむ原因は

こんにちはコアラボです。

コアラボは東京都中央区八丁堀、新宿と都内に2店舗サロンがございます。

両店舗共女性スタッフがメインに施術を担当させて頂きます。

女性特有のお悩みもぜひご相談ください。

ただいまコアラボ八丁堀店、新宿店共に営業日数を減らして営業を再開しております。

【6月の営業日】

〜八丁堀店〜

6月4日(木)、6月11日(木) 15日以降未定

〜新宿店〜

月曜・水曜 11時〜19時迄

土曜 11時〜16時迄

各店舗営業日が変わりますのでご注意ください。

今日は梅雨の時期に特に悩まれる方が増える「足のむくみ」についてお話させて頂きます。

東京はまだ梅雨の始まりを告げられていませんが、雨の日が続き湿度もだいぶ高くなってきました。

自宅にある除湿機の溜まるスピードの速さに最近は驚かされています。

梅雨の時期はなぜカラダがむくむのか?

湿度・気温・気圧が大きく関わってきます。

①雨に濡れてカラダが冷える

梅雨の時期は気温も上がる事からオフィス内は冷房を使用する会社も増えてきます。

外でカラダは濡れて、会社内で冷やされカラダが知らぬ間に冷え切っている事も。冷房は極力控え、除湿機などを使用して湿度をさげるようにしましょう。また外出が多い方は靴下の替えなどを持ち歩き、濡れた状態で過ごさない様に、カラダを冷やさない工夫もしてください。

②冷たいものを飲む、食べる

梅雨の時期は気温も上がり、ベタつく汗もかきやすい為、冷たいものを飲みたくなる、冷たいものを食べたくなる季節でもあります。

ただこれが余計に体内を冷やしカラダをむくませる原因です。

カラダのだるさにも繋がる為、冷たいものが好きな方も1日中冷たいもので過ごすのは控えましょう。

暖かいものも飲んで、体をキンキンに冷やさない様に。

③低気圧が続き自律神経が乱れやすい

梅雨の季節は低気圧が続き副交感神経が優位に働きやすい季節でもあるが痛みの物質ヒスタミンが増えやすい時期でもある。

これはカラダを緊張させ交感神経を刺激し自律神経のバランス乱れやすくすると言われています。

その為、むくみ意外にも集中力がなくなる、やる気の低下、頭痛、古傷が痛むなどの様々な不調がでてきやすい人も多い。

また自律神経の乱れと体温調節の働きにはとても大きく関わっています。

季節柄とは関係なく冷え性で悩まれている方、疲れやすい方などは自律神経が乱れやすい傾向にかも?!

そんな方は一度コアラボでカラダの緊張をとってあげることもオススメです。

④汗をうまく発散できない。

人間のカラダは汗をかくことで体温を調節しています。ただ梅雨の湿度の高い時には汗が皮膚の表面からうまく蒸発できない、体内の熱をうまく発散できづらい状態が続きます。水分は体内滞りやすくなりむくみとなって現れてきます。

運動不足やシャワーばかりで過ごしている方は汗をうまく発散できない方多いです。

梅雨の時期のむくみ対策

①雨などに濡れたらこまめにカラダをふく

②除湿機をつかう

③冷たい飲み物の飲みすぎ、食べ過ぎは控える。

④汗をかく程度の運動をする。ウォーキング、ランニングなど

⑤シャワーのみではなく湯船に浸かる

⑥足首を定期的にまわす。

⑦質の良い睡眠をとる

これからが東京は梅雨の時期になります。自粛モードが続き、運動不足が続き汗がかきづらい、体内に熱をこもりやすい状態の方とても多いとおもいます。水分を片手に早歩きでお散歩をしてみる、自宅で簡単なトレーニングをしてカラダを動かしてみる。

むくみ対策は熱中症予防にもつながります。そろそろカラダを動かし夏に向けてカラダを整えていきましょう。

私は久しぶりにパラパラを踊ってみました笑。二の腕筋肉痛に加え、汗も程よくかけてリフレッシュできます。

昔自分がして楽しかったトレーニング思い出してやってみてください。縄跳びなどもオススメですよ。

 

 

 

整体,予約
今すぐ予約をする

-足のむくみ
-

今すぐ電話予約する

Copyright© コアラボ八丁堀店(本店) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.