リモートワーク

疲労が溜まらない習慣をつくりましょう。 整体・八丁堀

投稿日:

こんにちはコアラボです。

コアラボは東京都中央区八丁堀、新宿と都内に2店舗サロンがございます。

両店舗共女性スタッフがメインに施術を担当させて頂いておりますので女性特有のお悩み(生理痛など)も

ご相談くださいませ。

今日の東京の温度は7月の中旬にも関わらず最高気温21度ととても寒い日でした。

梅雨の時期で雨も多く、気候・気温の変化が激しくカラダの気だるさ、疲労が溜まっているお客様とても増えています。

こんな時こそ「睡眠の質」を大切にし毎日の疲労をとる、カラダに疲れをためない生活をする事ってとても大切になってきます。

質の良い睡眠をとる為の条件

①朝の起床からとても大切。

午前中に目を覚まし、しっかりと日差しに当たる時間をつくりましょう。朝目がなかなか目が覚めない方はシャワーなどを浴びてカラダを切り替えてあげましょう。

②朝食には「トリプトファン」タンパク質をとりましょう。

睡眠には栄養バランスも関わってきます。朝食にトリプトファンをとり日中に日光に当る時間もしっかりと作ることにより、日中に幸せホルモン「セロトニン」が分泌されやすくなり、夜には睡眠ホルモン「メラトニン」がでやすくなると言われています。日中の心の余裕にも「トリプトファン」という栄養素とても大切になってきます。

 

トリプトファンは必須アミノ酸の一つ。トリプトファンが主に含まれている食品には

大豆食品(豆腐、納豆、味噌、醤油など)、乳製品(チーズ、ヨーグルト、牛乳など)、卵、バナナなどにも含まれています。

ぱっとみホテルなどの朝食、バイキングの定番の食品ですよね。定番の朝食にはトリプトファンが含まれるものが多いです、菓子パンでぱっと済ませるなどの朝食ではなく、しっかりと朝食から栄養バランスを考えましょう。

③適度な運動が大切

ウォーキング、ランニング、なわとび。自分が今できる運動をはじめてみましょう。カラダを動かすことで血液循環を促してあげること大切です。

長時間のデスクワーク、長時間の同姿勢でカラダが硬直していませんか?硬直したままのカラダは緊張した状態が続いて、疲労感を感じやすいです。こんな状態で寝たつもりが全然疲労がとれていない。そんな状況になっていませんか?

仕事中も適度に椅子に座り直す、トイレに適度に行く、駅では階段を使うなど少しずつ日常的に動く事をこころがけましょう。

④夜の時間は大切に

夜は睡眠にかけてカラダをリラックスモードにしていく事が大切です。シャワーではなく、湯船につかりカラダを温めたり、ストレッチをしたり、アロマの香りを嗅いだり、ゆっくりとする音楽を聞いてみたり、睡眠時にはしっかりと就寝用の服(パジャマ)に着替える事も大切。

睡眠直前までの、PC、スマホは睡眠の妨げになりますので、現代人にはこれが一番注意が必要。

また直前までの飲食は睡眠時にカラダの中では疲労回復よりも消化する事を優先に働きがちです。直前までの飲食控えましょう。

睡眠前の運動もストレッチ程度で筋トレをしたり、より神経を興奮させるような行為は控えてあげる事が良いと言われています。

日中の眠気には仮眠が大切。

また日中睡魔がくる方ってとても多いと思います。

昼食後血糖値変動により急激に眠くなるとも言われていますが、人間のカラダは起床から8時間後に睡魔が一度やってくると言われています。

朝7時頃に目覚めた方は15時頃に睡魔がやってくる・・・。

こんな時は仮眠がとっても有効的。ただし、仮眠は20分程度が好ましいと言われています。長すぎる仮眠は夜眠れなくなる、余計に睡魔、気だるさが続く可能性が高いと言われています。

職場で仮眠がとれない状況の方も多いと思います。

そんな場合は、ヘビーな昼食がより覚醒の邪魔をすることになるので昼食は重い食事、がっつり食べるのは控えましょう。

 

ただいまコアラボは営業日数を減らして営業をしております。

「7月の営業日」

(八丁堀店)

2日(木)、16日(木)、22日(水)、30日(木)

(新宿店)

月・水 11時〜19時まで

土   11時〜16時まで

整体,予約
今すぐ予約をする

-リモートワーク
-

今すぐ電話予約する

Copyright© コアラボ八丁堀店(本店) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.